どうしようもない痛みには病院にて専門的な治療を取り組もう

病院で治療を行なう

整形外科と整骨院

病院に行こうと思ったときに、腰痛の場合は整形外科と整骨院のどっちに行こうか迷ってしまうことが多いです。そんなときは腰痛の症状にあわせて受診する病院を選択しましょう。足の痺れや感覚障害があったり、発熱、くしゃみや咳で痛みが発生する場合は整形外科に行くと良いです。また、腰以外には症状がない、急に痛み始めた、横になっても痛い場合は整骨院の受診になります。これを把握しておくと、腰痛解消に役立てることが出来ますよ。

検査の内容

病院に行くと、基本的に問診や検査を行なって医師の診断を行ないます。問診では痛みの情報やそれ以外の症状の有無、日常生活などについてを聞かれるので、ちゃんと答えられるようにしましょう。検査では主に視診と打診、触診の3つが基本となって、異常がないかを調べていきます。そこからレントゲン検査や血液検査を行なう場合があります。これらの結果から、腰痛の原因を探っていきます。解消するためには非常に重要なことです。

理学療法とは

腰痛の治療方法に理学療法と呼ばれるものがあります。腰痛の症状以外にも多くの人が利用しているのが特徴です。専門知識を持っている人の指導で体操や運動、器具、マッサージなどの物理的な方法を用いて、治療や症状の解消を図ります。腰痛では、主に運動療法やマッサージ、電気療法の治療を行ないます。電気療法は病院でしか行えない専門的な治療法になっており、これらの治療で筋肉のコリをほぐしていきます。

保存療法とは

理学療法が出来ないほどに症状が悪化してしまった、または重度の病状を抱えている腰痛は保存療法で治療を行なうことがあります。保存療法はその名の通りに、現状を保存したまま治療を行なうことを指しています。椎間板ヘルニアなどの重度の腰痛の場合は手術が必要になるケースもありますが、負担がかかってしまうので、最後の手段と言える治療法になります。主に安静療法や装具療法、薬物療法があります。

広告募集中