痛みが発生する原因を知ることが解消の第一歩になる

腰痛を解消するため原因を把握する

日本人は腰痛になりやすいと言われており、日常生活の至るところに腰痛を引き起こしてしまう原因があります。姿勢の悪さなどを解消して腰痛知らずの毎日を過ごしていきませんか。

腰痛が発生する理由

姿勢の悪さや体質

癖となってしまった姿勢の悪さが腰に大きな負担をかけてしまい、腰痛へと発展してしまうことがあります。姿勢の悪さは主に猫背や腰を突き出す姿勢、胸を突き出す姿勢などが挙げられます。また、体質によっても腰痛を招いてしまうことがあるので注意が必要です。先天性なものとして冷え性の人は血行不良から筋肉が疲労して、腰痛になりやすいと言われています。姿勢を正したり、冷え性を改善することが腰痛解消になるでしょう。

筋力の低下

考えられる腰痛の原因の中に筋力の衰えがあります。具体的には大腰筋や腹筋、背筋の衰えが腰痛を発症させてしまいます。デスクワークなど長時間座っている仕事が中心で、慢性的な運動不足の人や加齢によって身体全体の筋力が衰えてしまっている高齢者は要注意になります。ジムに通ってムキムキになる必要はありません。ただ、腰痛にならない程度に最低限の筋力を保つようにしましょう。

椎間板の老化

椎間板というのは背骨を構成している骨と骨の間に存在している円形状の繊維軟骨でクッションとしての役割を持っています。ちょっとした動作をするにも非常に重要な働きをしている椎間板ですが、実は20歳を過ぎた頃から老化が始まってしまいます。老化が始まると弾力性が失われてしまいます。また、老化しても修復されないので、今までなんともなかった動作にも痛みが発生して、腰痛の原因になってしまいます。

セルフチェックで原因を知る

腰痛の痛みを放置していると徐々に慢性化してしまい、症状が悪化するケースも珍しくありません。そのため、腰痛の原因や痛みのレベルを知るためにネット上にあるセルフチェックシートを活用して解消に繋げましょう。

ストレートネックは枕で改善できる!
効果の高さを徹底解説☆

腰痛で気になる質問に答えてみました!

太っている人は腰痛になりやすいって本当ですか?

肥満も腰痛の原因になってしまいます。色々な動作で腰は体重の約2.5倍の負担がかかると言われており、体重が増すほど負担も大きくなります。そのため、バランスの良い食事と適度な運動を心がけて肥満を解消することが大事ですよ。

腰痛解消のための正しい姿勢とは?

腰痛解消のために心がけたい座るときの姿勢は、足裏をしっかりと地面につけて、腹筋を意識しながら背筋や首を伸ばすことになります。これを意識することで見た目も美しくなれて、腰痛のリスクも減らすことが出来ますよ。

筋力を高める効果的な方法を教えてください!

日常生活の中で簡単に行えるものとしてウォーキングがあります。1日10分程度、早めのペースで歩幅を大きめにすることを意識して歩きましょう。背筋を伸ばして、肘を曲げて腕振りを行なうとより効果がアップしますよ。

腰痛が発生したら痛むところを温めたほうが良いですか?

よく勘違いされがちですが、炎症が強くて激しい痛みを持っている腰痛には温めてはいけません。理由として、温めることで炎症がさらに進んで痛みも強くなってしまう恐れがあるからです。ぎっくり腰などは温めないようにしましょう。

病院に行った方が良いタイミングは?

基本的に数日間安静にしていても解消する気配がないようでしたら、病院に行くようにしましょう。他にも背中が曲げにくい、痛い部分を刺激すると強い痛みがする場合も、他の病気が隠れている恐れがあるので検査をしてください。

広告募集中